お酒 肝臓 サプリ

お酒と肝臓に良いサプリはクルクミンの含有量が豊富なウコンのサプリ「ゲンキウコン」です。お酒による肝臓数値の悪化が気になる場合には、普段の飲酒時から肝機能を助けるウコンサプリメントを活用していくと良いですよ。

お酒 肝臓 サプリ > お酒と肝臓に効くサプリはゲンキウコンがおすすめ

お酒と肝臓に良いサプリはクルクミンの含有量が豊富なウコンのサプリ「ゲンキウコン」です。お酒による肝臓数値の悪化が気になる場合には、普段の飲酒時から肝機能を助けるウコンサプリメントを活用していくと良いですよ。

お酒で肝臓の数値が悪化

「お酒は好きだけど肝臓への負担や数値が気になっている」
「何とかサプリで対策って出来ないのかな?」

最近では会社で健康検査が当たり前になりつつあり参加を義務付けられているという方も多いのではないのでしょうか。そしてお酒を飲む人にとって40-50代以降に気になってくるのが肝機能数値の悪化ですよね。

アルコールによる肝機能の障害はγ-GTP(ガンマ・ジーティーピー)と呼ばれる数値で判断されます。

γ-GTPの基準値としては50U/L以下が理想的で51IU/Lより高いと肝機能異常の疑いアリということになってしまいます。100IU/Lで脂肪肝、200IU/Lを超えるとアルコール性肝炎・肝硬変まで発展している可能性があります。

アルコール性肝炎や肝硬変まで肝臓の病気が進行してしまえば治療も難しくなってしまうので、その前に日頃からしっかりと肝臓をいたわるようにしたいですね。

「最近は少量のお酒でも二日酔い症状が出てしまったり、翌日に疲労感が残ることが増えてきたな。」

そんな自覚症状もあると、肝臓機能をサポートするためのサプリに興味が出てくるのは自然なことですよね。

会社にも家族にもお酒を飲むたびに心配されて肝臓数値を何とかしないとなと感じている方も多いですよね。肝臓数値の中でも特に重要なγ-GTPの値を下げるためにはどんな方法があるのでしょうか?

γ-GTPの数値を下げるには?

健康診断の肝機能数値で最も気になるγ-GTPの数値を下げるには、休肝日を作るという方法が(残念ながら)一番有効な方法となってしまいます。

量を減らして毎日飲み続けるよりも休肝日を作るようにする方が肝臓を休ませることが出来て効果的です。出来れば週に2日はアルコールによる負担から肝臓を休ませてあげてください

帰宅後にすぐにビールを開けてしまうのではなく、本当に飲みたいなと感じてから飲むようにすると良いかもしれません。それが例えば21時過ぎなら気合で我慢するなど何かルールを作るとムリやりですが休肝日を作ることが出来ます。

休肝日を作る代わりに飲酒日にお酒を飲む量を増やしてしまうと本末転倒なので、その点だけは注意してくださいね。

そして適度な運動もγ-GTPの数値を下げる上では効果的な方法だと言われています。メタボも気になる場合にはこちらの運動による方法で肝臓の数値の改善を目指すと良いかもしれませんね。

・休肝日を作る
・適度な運動

それがスンナリと出来れば早い!と思ってしまうような方法ですが、科学的な数値としてγ-GTPの値が高いと出てしまった場合には頑張って取り入れていくしかありません。

中性脂肪・メタボ・肥満・肝臓の悪化・コレステロール、こういった言葉はそれぞれ結びつけやすいので運動習慣も大事にしたいところです。

お酒を飲まない日を作ることで自己コントロール力が上がるかもしれないし、お酒を控えることで浮いたお金で奥さんや子供に何かプレゼントを買ってあげたり有意義なプラス面にも目を向けたいですね。

クルクミンで肝機能をサポートする

さらにお酒を飲む時でも肝機能をサポートする成分をサプリやドリンクなどで補充してあげることで、肝臓の負担を少しでも和らげてあげる方法も良いかもしれません。

アセトアルデヒドの代謝を促進する役割を持つ「胆汁」の分泌を促進する「クルクミン」が中でもおすすめの成分です。クルクミンが豊富に含まれている食品としてはウコンが最も代表的ですが、ウコンの力などを飲んでも体が慣れてしまって効かなくなっているという方も多いと思います。

ウコンの効果のあるなしというよりはクルクミンの含有量に注目してウコン系のサプリやドリンクは選んでいくと良いですよ。ウコンにも色々な種類があってクルクミンの含有量も多いものと少ないものでは何十倍も違ってきてしまいます。

クルクミンの含有量が豊富なクスリウコンを活用したウコンサプリ(粒タイプ)なら、ドリンクと違ってお酒の味を損なわず飲酒前から二日酔い対策、肝臓のサポートをすることが出来ます。

詳しくはクスリウコンから作ったサプリの公式サイトで確認してみてください。